巨人 ドラ5山瀬「慎之助」と呼ばれたい ドラフト指名選手が施設見学

[ 2019年11月22日 05:30 ]

ジャイアンツ球場を背に笑顔でポーズをとる(左から)山瀬、平間、菊田、堀田、太田、井上、加藤、伊藤 =撮影・白鳥 佳樹)=
Photo By スポニチ

 巨人に今秋のドラフトで指名された8選手が川崎市のジャイアンツ球場などを訪れ、施設見学を行った。

 ドラフト5位指名の山瀬(星稜)は、下の名前が「慎之助」。同じ捕手で、憧れの阿部2軍監督と同名で、あす23日のファンフェスタで初対面となる予定だ。「慎之助という名前を気に入っているので、ファンの方にもそう呼んでもらえるように頑張りたい。甲斐キャノンじゃないですけど、名前をつけてもらえるようなプレーができればいい」と山瀬。寮見学では高校の先輩にあたる松井秀喜氏が若手時代を過ごした201号室の素振りを繰り返して擦り切れた畳を見て、感銘を受けた様子だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月22日のニュース