最後は痛恨悪送球…中日 今季7度目サヨナラ負け 与田監督は吉見に苦言「悪い流れに」

[ 2019年7月3日 22:20 ]

セ・リーグ   巨人7―6中日 ( 2019年7月3日    東京D )

<巨・中>3回、吉見(左)を降板させた与田監督(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 中日は今季7度目のサヨナラ負けを喫し、5連勝後に2連敗。

 5―6の9回、木下拓が左越えソロを放ち、土壇場で追いついた。だが、その裏に7番手・ロドリゲスが先頭・若林を四球で歩かせ、最後は無死二塁から増田の犠打を三塁手・高橋が一塁へ悪送球。その間に二塁走者の若林が生還し、無念の敗戦となった。

 与田監督は「吉見が立ち上がりにああなって、悪い流れになってしまった」と3回途中4失点で降板した先発右腕に苦言。前夜の清水に続き、先発が2試合続けて5回持たずにマウンドを降り「バッターも常に追いかける形になりリズムに乗りづらい。リリーフにも負荷がかかる」と奮起を促した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月3日のニュース