阪神・福留、マシン打撃再開 平田2軍監督「順調に来ている」

[ 2019年7月3日 05:30 ]

阪神・福留(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 左ふくらはぎの張りで6月22日に出場選手登録を抹消された阪神・福留が2日、マシン打撃を再開した。ウエスタン・リーグのオリックス戦が雨天中止となり、甲子園球場に隣接する室内練習場で行われた2軍の全体練習に参加。本隊と離れてアップを終えるとトス打撃を行い、その後、カーブマシンと向き合った。

 スイング数は100を超え、順調な回復ぶりをアピール。トレーナーらとともに見守った平田2軍監督は「ジョギングもしてたし、順調に来ていると思うよ。慌てさせることはできない。今回は慎重じゃないけど、焦らずにいってほしい」と話した。

 右ふくらはぎの筋挫傷で抹消された前回は最短10日間で復帰して左ふくらはぎを痛めた経緯もあり、今回は復帰に向け万全を期す。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月3日のニュース