ヤンキースがメジャー新記録の28試合連続アーチ ルメイヒューが先頭打者弾

[ 2019年6月26日 11:35 ]

ア・リーグ   ヤンキース4―3ブルージェイズ ( 2019年6月25日    ニューヨーク )

初回に先頭打者アーチを放ったヤンキースのルメイヒュー(AP)
Photo By AP

 ヤンキースがブルージェイズ戦で4本塁打を放ち、28試合連続で一発を記録。2002年にレンジャーズが樹立したメジャー記録(27試合連続)を17年ぶりに更新した。

 記録更新は初回。先頭のDJ・ルメイヒュー(30)がブルージェイズの先発左腕クレイトン・リチャード(35)からいきなり左越えに11号を放ち、この時点でレンジャーズの記録を書き換えた。続く2番のアーロン・ジャッジ(27)も4月20日以来となる本塁打(6号)をマーク。2回にはグレイヤー・トーレス(22)が19号、8回にはマリナーズから移籍してきたエドウィン・エンカーナシオン(36)が24号を放つなど、この日は4本のソロ本塁打で4―3と勝利を収めた。なお28試合では14人の打者が本塁打を記録。放った本数は「51」となった。

 ヤンキースはここ11戦で10勝目を挙げて51勝28敗。ブルージェイズは29勝51敗となった。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年6月26日のニュース