西武 28日からのオリックス戦は今井、本田、松本航のローテ

[ 2019年6月26日 13:42 ]

 リーグ戦再開となる28日のオリックス戦(メットライフD)で、3年目の今井が先発を務めることになった。

 ローテーションはオリックス戦が今井、本田、松本航の順番。7月2日からの日本ハム戦(札幌D)は高橋光、十亀、ニールの順に先発マウンドに上がる。

 今井は18日の中日戦以来、中9日でのマウンド。高橋光とともにカード初戦を託された右腕は「任されたところで自分の仕事をやるだけ」と力を込めた。

 この日の練習では、西口投手コーチを相手に「左足を真っ直ぐに踏み出すように」とフォームのチェックに四年がなかった。

 小野投手コーチは今井と高橋光の若き「ITコンビ」をローテーションの2枚看板と位置づけ「2人にはフル回転をしてもらわないと」と大きな期待を寄せた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年6月26日のニュース