巨人 創立記念日の26日にプロeスポーツチーム発足 原監督「新しい仲間を歓迎」

[ 2018年12月25日 17:07 ]

 読売新聞社は25日、「GIANTS」ブランドを活用したプロeスポーツチーム「G×G(GAMING TEAM×TOKYO GIANTS/呼称:ジー・バイ・ジー)」を巨人の創立記念日である26日に発足させると発表した。19年4月から対戦型のオンラインカードゲーム「Shadowverse」(シャドウバース)のプロ大会に参戦する。

 「G×G」として、プロeスポーツリーグ「RAGE Shadowverse Pro League」に参戦。ほかのゲームについても今後、検討していく。読売新聞グループ本社代表取締役社長で巨人オーナーの山口寿一氏は「2018年は国内外でeスポーツへの注目度が一気に高まった1年でしたが、今後のさらなる成長にはファンの裾野をいかに広げることができるかが重要です。読売新聞社は、報道や情報発信に加えて、『G×G』を読売巨人軍のように多くのファンに愛されるチームに育てていくことで、eスポーツの成長と発展に貢献していきたいと考えています」とコメントした。

 巨人・原辰徳監督は「ジャイアンツに加わった『G×G』という新しい仲間を歓迎します。プロ野球もeスポーツも最高のエンターテインメント。ジャイアンツと名を冠するチームが目指すのはただ一つ、頂点です。自らの誇りをかけて、ファンを楽しませるために、どんな厳しい戦いであっても常に勝利を目指していきましょう」とコメントした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年12月25日のニュース