巨人・和田 初の開幕1軍へ振り込む、愛妻のため「打ってアピール」

[ 2018年12月25日 05:30 ]

 巨人・和田が初の「開幕1軍」に向けて精力的に振り込んでいる。5月に結婚後、初めて迎えるクリスマスイブだが「なるべく間隔を空けたくない。(妻に)『練習させて』とお願いしました」とジャイアンツ球場でマシン打撃などで汗を流した。

 6月15日のロッテ戦で初出場を果たすと、同23日のヤクルト戦では初安打をマークした。イースタン・リーグでは18本塁打、87打点で2冠。秋季キャンプでは原監督から熱血指導を受け「今が旬。来年やらなきゃいつやるの、ということ」と奮起を促された。

 来季は6年目。「打ってアピールできるようにしたい。(妻を)安心させられるように」。愛する人のためにもバットを振り続ける。(岡村 幸治)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年12月25日のニュース