阪神ドラ2小幡、源田先輩から走塁極意「学びたい」来オフにも弟子入り希望

[ 2018年12月25日 05:30 ]

明野ボーイズの練習に参加した小幡(左)
Photo By スポニチ

 阪神のドラフト2位・小幡竜平内野手(18=延岡学園)が24日、大分市内で行われた、中学時代に所属した明野ボーイズ(大分)の練習に参加。ボーイズの先輩で新人から2年連続遊撃でフルイニング出場し2年連続30盗塁以上を記録した西武・源田に来オフにも弟子入りし、走塁の極意を学びたい意向を示した。

 「源田さんと(来年以降は)自主トレをやりたいですけど、まずはケガをしない体づくりをしていかないと。1番遊撃という目標があるので、足も必要になってくる。源田さんは足が速くてスタートもうまいですし、いろいろ学びたいです」

 走攻守すべてにレベルアップが必要な中、とりわけ走塁を学びたい理由は高校3年間における反省があった。「盗塁も3年間で通算10個くらいしかしていないので、そこが物足りない。プロでは具体的な数字とかはないですけど2桁くらいは走れないと」。今月2日に行われた新人選手の体力測定では、30メートル走でドラフト1位・近本の3秒87に次ぐ3秒98をマークしたが、俊足を生かすことができずに終わった。

 同じボーイズ出身の兄・和弘さん(25)は源田の1学年下で一緒にプレーしたこともあるが、小幡自身はアドバイスを受けたこともない。ただ、守備では源田が行っているテニスボールノックを実践するなど動画で技術面を研究している。そんな憧れの先輩に少しでも近づくには、間近で見て、聞いて、盗むのが一番効率がいいのは間違いない。

 「走塁(意識)を変えていかないといけない」

 前評判は3拍子そろった内野手。「走」を磨くことが「攻守」にもつながり“虎の源田”への近道になるはずだ。(長谷川 凡記)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年12月25日のニュース