西武・秋山“仮想・大谷”進次郎氏から一発!毎年恒例の横須賀スター対決

[ 2018年12月25日 05:30 ]

小泉進次郎衆院議員(右)との対決で本塁打を放つ秋山(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 政界のプリンスから「仮想・大谷」の一発だ!西武・秋山翔吾外野手(30)が24日、地元の神奈川県横須賀市で行われた「野球交流会」に出席。同市出身の小泉進次郎衆院議員(37)との4年連続の真剣勝負で本塁打を放った。小泉氏はエンゼルス・大谷をイメージしたという赤いウエア姿で登場。仮想対決を演出し、来オフにもメジャー挑戦の可能性のある秋山にエールを送った。

 マウンド上の相手は、赤いウエアに身を包んでいた。寒風吹きすさぶ中での真剣勝負。秋山は四球、遊飛と続いた3打席目、小泉氏が投げ込んだ軟式球を完璧に捉え、右翼後方へ特大アーチを放った。子供たちから拍手を浴びてガッチリ握手。「進次郎さんには毎年来ていただいている。来年に弾みがついた」。年末恒例の対決は4年連続で、本塁打は3年ぶり。今年は小泉氏から熱いエールを込められての対決だった。

 「大谷VS秋山のイメージで。いつか(メジャーの舞台で)見られるだろう、と。本塁打はいいイメージトレーニングですかね」

 小泉氏の赤いウエアは、大谷が所属するエンゼルスのユニホームを模したもの。同じ右投げで、関東学院六浦野球部では二塁手としてプレーした。「あれだけスコーンと打たれると気持ちいい。完璧だったね。楽しかった」。自身が代役を務めた大谷については「野球少年がそのままメジャーに行った。楽しくて仕方がない、といった感じで“いいな”と思う」と評し、秋山にも「どこでも活躍できる。(大谷のように)心からプレーを楽しんでほしい」と訴えた。

 海外FA権を行使して、来オフにも可能性のあるメジャー移籍。秋山は交流会後、あらためて「チャレンジしたい思いはゼロじゃない。来年の結果次第。チームのためにプレーして納得した形になるか」と胸の内を明かした。小泉氏との「仮想対決」で一発を放った二刀流との再戦が新天地で実現するのか。その時、秋山はどの球団のユニホーム姿なのか。夢は大きく広がる。

 小泉氏からはさらに「将来、メジャーに行くとなったら横須賀から初のメジャーリーガー。(秋山には)どんな可能性も開けている」とエールを送られた。幕末の黒船来航の地から、海の向こうへと羽ばたく。未来のメジャーリーガーに、未来の首相候補。秋山は「進次郎さんが(国会議員として)日本を引っ張っているように、僕もライオンズを引っ張りたい」と誓いを新たにし、小泉氏の「来年は所沢に観戦に行きます」との言葉に大きくうなずいた。 (鈴木 勝巳)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年12月25日のニュース