DeNAラミ監督、ポスト筒香に細川指名「間違いなく4番候補」

[ 2018年12月25日 05:30 ]

DeNAの細川
Photo By スポニチ

 DeNA・ラミレス監督が、来季3年目を迎える細川を「ポスト筒香」に指名した。筒香はポスティングシステムを利用したメジャー挑戦を視野に入れており、「そうなればチームは4番打者を失うことになるが、間違いなく細川が4番候補として名前が挙がる。パワーを考えると、日本人では彼ぐらいしかいない」と期待を寄せた。

 昨年の細川は高卒新人として両リーグ初となるデビュー2試合連続本塁打。プロ2年間は13試合で3本塁打、打率・261だが、指揮官は「ポテンシャル的には40本塁打できる」と評価する。鹿児島・奄美での秋季キャンプでは、筒香の定位置である左翼の守備練習も行った。「来季は1軍で活躍したい。(2月の春季キャンプから)アピールしたい」。まずは自身初の開幕1軍を目標に掲げる。 (重光 晋太郎)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年12月25日のニュース