DeNAの新人王・東“バナナ17万本分UP”5550万円!来季は「開幕投手やってみたい」

[ 2018年12月5日 17:20 ]

バナナパワーで新人王を獲得した東は契約更改を終え316本のバナナを前に喜びの会見を行う (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 DeNAの新人左腕・東が5日、横浜市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、270%増の5550万円でサインした。1年目から開幕ローテーションに入り、11勝を挙げて防御率もリーグ2・45。セ・リーグの新人王に輝いた。

 球団で2年目の年俸が5000万円を越えたのは守護神・山崎以来、3年ぶりで「納得いく評価をしていただけた」と笑顔をみせ、使い道を聞かれると「プロでやれる期間も限られているので、しっかり貯めておきたい」と話した。

 投球以外でも、イニング間にベンチでバナナを食べて栄養補給する「もぐもぐタイム」が話題に。この日も会見場には大量のバナナが用意され「(アップ額は)バナナでたとえると17万本分ぐらい。来年もバナナに囲まれてこういう会見をしたいですね」と笑顔。来季の目標については「2年連続2桁勝利と規定投球回数。開幕投手をやってみたい気持ちはある」と、2年目で初の大役に名乗りを上げた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年12月5日のニュース