DeNA浜口、開幕投手宣言!東の台頭「刺激」に自身初の大役へ

[ 2018年12月5日 05:30 ]

契約更改を終えて会見するDeNA浜口
Photo By スポニチ

 DeNAの浜口が3年目の来季、自身初となる開幕投手に名乗りを上げた。横浜市内の球団事務所で契約更改交渉を行い、300万円増の年俸5050万円でサイン。今季は4勝に終わったが「開幕戦は特別。開幕投手を目指さないと成長できない」と宣言した。

 2年連続2桁勝利を期待されながら、左肩痛で開幕から出遅れた。一方で、新人左腕の東が11勝を挙げ「悔しかったし、刺激になった」。成績を見れば来季開幕投手の本命は東だが、「負けられない。立ち居振る舞いも含めて、首脳陣やチームメート、ファンにも認められるエースになる」と声を響かせる。元エースの三浦大輔氏が来季から1軍投手コーチに就任。「話を聞きにいきたい」とエースの心得を学ぶつもりだ。

 2年連続で開幕投手を務めた石田も黙っていない。中継ぎを経験するなど3勝に終わり、200万円減の年俸5800万円でサインしたが「開幕戦を他の投手に譲るつもりはない」と言い切った。大役をめぐるバトルが早くも勃発している。 (重光 晋太郎)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月5日のニュース