ヤクルト・西浦 ニッコリ「倍ちょっと」で更改 来年1月に“青木塾”入り

[ 2018年12月5日 14:27 ]

契約を更改し会見するヤクルト・西浦
Photo By スポニチ

 ヤクルトの西浦直亨内野手(27)が5日、都内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、今季年俸1700万円(金額は推定)からの大幅増でサインした。

 「(金額は)倍ちょっとです。凄く評価してもらいました」と笑顔。プロ5年目の今季、自身最多の138試合に出場と飛躍の1年になった。「やっと規定打席に到達したし、いろいろなことを試合に出ながら学ぶことができた1年でした」と充実の表情を浮かべた一方で「打率も全然低いし、守備の失策数も多い。全然納得できない数字」と課題も口にした。

 開幕スタメンこそならなかったが、5月以降は正遊撃手の座を射止める働きを見せ、来季に向けて「渡さない思いをしっかりもってやりたい」と開幕から遊撃を守り抜く思いは強い。来年1月には先輩の青木と米ロサンゼルスでの自主トレに同行することも決まり「打撃は聞かないとダメなところ。それ以外にも、どう取り組んでいるとか野球に対する考え方もしっかり勉強できたら」と目を輝かせた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年12月5日のニュース