広島、新助っ投ローレンス獲得 緒方監督も期待「面白い技巧派」

[ 2018年12月5日 05:30 ]

 広島は4日、マリナーズに所属していた助っ人右腕のケーシー・ローレンス投手(31)と契約合意に達したと発表した。契約金30万ドル、年俸52万ドルプラス出来高払い(いずれも推定)で、背番号は70に決まった。

 11月に契約した左腕のレグナルトに続く今オフの投手補強第2弾。開幕時点で支配下登録の助っ人投手が5人となるのは、球団では11年シーズン以来8年ぶりとなった。優勝旅行中の緒方監督は「今年のドラフトは、即戦力投手を1人しか獲れなかったので、左右1枚ずつ補強しようとなった。面白い技巧派」と説明。今年のドラフトで大卒の投手は、2位指名の島内(九州共立大)のみながら、チーム防御率が昨季の3・39から4・12に悪化した投手陣の整備を着々と進めている。

 メジャー通算は38試合で3勝3敗、防御率6・64。現状は先発での起用を想定されている。本人は球団広報を通して、「エキサイティング。日本に行くことが楽しみで待ちきれません」とコメントした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年12月5日のニュース