阪神・鳥谷、現状維持4億円でサイン 5年契約最終年の来季は「一日一日を大切に」

[ 2018年12月5日 14:19 ]

<阪神契約更改>契約更改を終え、来季への意気込みを語る鳥谷(撮影・北條 貴史)   
Photo By スポニチ

 阪神・鳥谷敬内野手(37)が5日、西宮市内の球団事務所で年俸4億円の現状維持で契約を更改した。

 海外FA権を行使した14年オフに5年契約を結び、来季が最終年。「契約もそうだし、年齢的にも来年終わって、野球を続けられるのか、やめなきゃいけないのか、になる。一日一日を大切にやっていきたい」と誓った。

 15年目の今季は5月下旬に歴代2位の連続出場が1939試合で止まり、新人だった04年以来の規定打席未満。打率・232、51安打、1本塁打はいずれも自己ワーストに終わった。(金額は推定)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年12月5日のニュース