【5日の主な契約更改】西武・山川は3倍増で1億円プレーヤーに DeNAの東は「バナナ17万本分」増

[ 2018年12月5日 21:57 ]

バナナパワーで新人王を獲得した東は契約更改を終え、大量のバナナを前に喜びの会見を行う (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 プロ野球のソフトバンク、西武、日本ハム、オリックス、楽天、ヤクルト、DeNA、阪神で5日、契約更改が行われた。

 この日、もっとも年俸が上がったのは西武の山川穂高内野手(27)で、年俸3240万円から約7760万円増の1億1000万円でサイン。4番としてフル出場。打率・281、124打点、47本塁打でリーグ優勝に貢献し、初めてのMVPにも輝いており、納得の年俸提示に「うれしいです。文句のない成績ということを言っていただいた。リーグ優勝にも大きく貢献してくれたと言っていただいたので、僕としても大満足」と笑顔。今オフの契約更改全体でも、4日に更改したDeNAの宮崎敏郎内野手(29)の8000万円増に次ぐ2番目の高額アップとなった。

 続いてはDeNAの東克樹投手(23)の1500万円から4050万円増の5550万円。しかも、新人で開幕ローテーションに入り、11勝を挙げて防御率もリーグ2・45。セ・リーグの新人王に輝いたとあり、実に270%増。球団で2年目の年俸が5000万円を越えたのは守護神・山崎以来3年ぶり。投球以外でも、イニング間にベンチでバナナを食べて栄養補給する「もぐもぐタイム」が話題となっており、この日も会見場に大量のバナナが用意され「(アップ額は)バナナでたとえると17万本分ぐらい」と笑顔だった。

 日本ハムの西川遥輝外野手(26)は、2年総額4億円プラス出来高払いでサイン。今季44盗塁で盗塁王とゴールデングラブ賞を獲得し昨年から4000万円アップ。ソフトバンクの上林誠知外野手(23)も2度目の契約更改交渉に臨み、年俸3500万円から4000万円アップの7500万円でサイン。「球団側にも見直していただいた。倍と少し。(前回交渉より)多少は上積みがあった」と語った。

 一方、西武の増田達至投手(30)は1500万円ダウンの1億円でサイン。今季も開幕から抑えを任されたが、中継ぎへの配置転換や2軍落ちも経験し、プロ入り6年目で自身初のダウン更改となった。また、阪神の藤川球児投手(38)は1000万円減の1億4000万円でサイン。2年連続で53試合に登板したが、最下位に沈んだ責任を痛感。来季は「クローザーを目指したい」と守護神復帰を狙う。

 保留は西武の熊代聖人外野手(29)。現状維持の1000万円を提示されたが、「数字がすべての世界で生きているので、そこがすべてだけど、数字ではない部分ももう少し評価して頂きたいというのはあった」とこのオフの西武の保留1号となった。 (金額は推定)

【西武】

斉藤彰吾外野手 1500万円(+300万円)

岡田雅利捕手 2870万円(+520万円)

木村文紀外野手 2360万円(+500万円)

金子侑司外野手 5700万円(+700万円)

平井克典投手 3500万円(+2000万円)

増田達至投手 1億円(−1500万円)

山川穂高内野手 1億1000万円(+7760万円)

▽保留=熊代聖人外野手 

【ソフトバンク】

高橋礼投手 1400万円(+200万円)

松田遼馬投手 1400万円(−100万円)

上林誠知外野手 7500万円(+4000万円)

岡本健投手 1500万円(+100万円)

【日本ハム】

石川直也投手 3400万円(+2100万円)

加藤貴之投手 3500万円(+300万円)

高梨裕稔投手 3600万円(±0万円)

有原航平投手 7000万円(±0万円)

浦野博司投手 3000万円(+1060万円)

西川遥輝外野手 2億円(+4000万円)

【オリックス】

大城滉二内野手 3800万円(+1000万円)

宮崎祐樹外野手 1800万円(±0万円)

東明大貴投手 2300万円(−250万円)

黒木優太投手 3500万円(−200万円)

T―岡田外野手 1億2000万円(±0万円)

西野真弘内野手 2800万円(−300万円)

【楽天】

西宮悠介投手 1300万円(−300万円)

山崎剛内野手 1050万円(+50万円)

【ヤクルト】

大下佑馬投手 1500万円(+300万円)

西浦直亨内野手 3600万円(+1900万円)

荒木貴裕内野手 2300万円(±0万円)

高橋奎二投手 700万円(+120万円)

岩橋慶待投手 800万円(−200万円)

【DeNA】

砂田毅樹投手 7200万円(+3000万円)

東克樹投手 5550万円(+4050万円)

【阪神】

藤川球児投手 1億4000万円(−1000万円)

鳥谷敬内野手 4億円(±0万円)

秋山拓巳投手 3600万円(−500万円)

原口文仁捕手 3000万円(+1000万円)

中谷将大外野手 3500万円(−300万円)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年12月5日のニュース