DeNAドラ1東 好投も巨人戦6戦6勝ならず 4位転落

[ 2018年9月29日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA0―1巨人 ( 2018年9月28日    東京D )

<巨・D>7回無失点と好投した東(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 巨人との今季最終戦で、DeNAドラフト1位・東は7回無失点と好投。9回に3番手・砂田が長野にサヨナラ弾を浴びて、4位に転落したが、ここまで5戦5勝だった巨人キラーは「負けたら順位がひっくり返るという緊張感があった」と振り返った。

 初対決となった菅野について「7回無失点と9回無失点では、やっぱり違う」と脱帽しながらも「緊迫した中で抑えられて自信になった」と言う。ラミレス監督も「一歩後退したが、素晴らしい試合だった」と悲そう感はなかった。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2018年9月29日のニュース