巨人・長野「村田さん、見てますか〜?」劇弾 日大先輩の登場曲使用

[ 2018年9月29日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人1―0DeNA ( 2018年9月28日    東京D )

<巨・D>9回1死、左中間席にサヨナラ本塁打を放つ長野(撮影・白鳥 佳樹) 
Photo By スポニチ

 巨人・長野は本塁ベース付近でもみくちゃにされた。0―0の9回1死。砂田のフォークを捉え、左中間席に運んだ。「こすってたのでどうかと思ったけど、入ってくれて良かった」。12号ソロ。自身5年ぶり、3本目のサヨナラ弾で試合を決めた。

 この日は打席に入る際に、日大の先輩でもある村田氏の登場曲だった米ポップグループ「マルーン5」の「Sugar」を使用した。2回無死二、三塁の好機では右飛に倒れ「チャンスで決められなかった」と悔しさを胸に臨んだ打席だった。孤軍奮闘の菅野を救う一発に、高橋監督は「最後の最後で取り返してくれた」と称えた。「律義な長野の思いが最後ボールに伝わったと思う」と、試合を見守った村田氏は目を細めた。お立ち台で「村田さん、見てますか〜?」とおどけた後輩の気持ちは間違いなく届いていたに違いない。 (岡村 幸治)

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年9月29日のニュース