ヤクルト CSに不安 小川監督「負けるべくして負けた」

[ 2018年9月29日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト4―7広島 ( 2018年9月28日    マツダ )

<広・ヤ>初回1死一、二塁、生還した山田(中央)を出迎える小川監督(左)(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 ヤクルトは中継ぎ陣が打たれ、逆転負け。初回に山田哲、大引の2点二塁打で4点を先制したが、1点リードの7回に2番手・梅野が同点打を浴びると、8回は3番手・近藤が会沢、曽根に連続適時打を浴びて4―7。

 3年ぶりのCS進出決定も29日以降に持ち越しとなり、広島戦は6勝19敗と大きく負け越して終了となった。CSでのリベンジを目指すが、小川監督は「終盤の流れでは負けるべくして負けた」と厳しい表情だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月29日のニュース