巨人・坂本勇 17度目の先頭打者弾「一振りで仕留めることができた」

[ 2018年9月29日 18:55 ]

セ・リーグ   巨人―広島 ( 2018年9月29日    東京D )

<巨・広>1回無死、坂本勇は左越え本塁打を放つ (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 巨人・坂本勇が、自身17度目の先頭打者本塁打を放った。広島戦の初回、戸田のスライダーをすくい上げ左中間席に運んだ。

 先制の16号ソロに「うまく前の方でさばくことができました。積極的に打ちにいって、ファーストストライクを一振りで仕留めることができて良かった」と振り返った。チームは前夜、CS出場を争うDeNAに1―0のサヨナラ勝ち。その勢いのまま、広島との戦いに臨んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年9月29日のニュース