雄星 首の張り回復順調 予定通り23日DeNA戦登板へ

[ 2018年3月20日 05:30 ]

西武の菊池
Photo By スポニチ

 全体練習が行われたメットライフドームで、西武・菊池が約80球のブルペン投球を行った。

 14日の中日戦(ナゴヤドーム)では首の張りで1回、21球で緊急降板。「最初は怖さがあったけど、途中からは問題なくしっかり投げられた」と順調な回復を口にした。3年連続の開幕投手へ向け、予定通り23日のDeNA戦(メットライフドーム)に登板予定。「もうちょっとフォークボールを(試合で)投げたかったというのはあるけど、大丈夫だと思います」と最終調整へ自信をみせた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年3月20日のニュース