ロッテ石川 富山で投げるため 5・15まで1カ月半火曜ローテ

[ 2018年3月20日 05:30 ]

キャッチボールをするロッテ・石川
Photo By スポニチ

 ロッテ・石川が、地元・富山で初めて凱旋登板するためのローテーションが決まった。開幕2カード目の初戦となる4月3日のオリックス戦(京セラドーム)の先発が決定。中6日を守れば、5月15日のオリックス戦(富山)が待っている。

 20日の西武戦(メットライフドーム)に先発する右腕について、小林投手コーチは「ここまで来たら(曜日を)変えることはない」とカード頭となる火曜日のローテーションで固定すると明かした。「せっかく富山でやるんだし、投げたい気持ちはある。ただ、絶対、いい球投げられるならですね…」と石川。独特の表現だが、故郷に錦を飾りたい気持ちは変わりない。昨季3勝11敗の右腕には復活へのまたとないモチベーションになる。 (福浦 健太郎)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年3月20日のニュース