PR:

栗山監督、清宮の開幕1軍「最後まで可能性探る」

日本ハムの清宮幸太郎内野手
Photo By スポニチ

 限局性腹膜炎で療養している日本ハムドラフト1位ルーキー・清宮幸太郎内野手(18=早実)が食事の摂取と軽い運動を再開し、早ければ今週末にも退院する見込みとなった。20日、球団が発表した。

 栗山監督が報道陣の取材に応じ、清宮の練習復帰時期について「今日から(病院内のジムで)体を動かすように指示をした。(病院を)出たらすぐに合流できると思う」と報告した。

 試合復帰時期には「それは全然わからない。もちろん無理はさせないけど、先入観を持ってこうだとは決めない」と発言したが、開幕1軍については「最後まで可能性を探る」とコメントした。

 清宮は12日夜に腹部の違和感、鈍痛などを訴えて入院し、抗生剤の点滴による治療を受けてきた。19日までに検査数値も良化し、症状がほぼ改善されたことから、保存療法によって試合復帰を目指す方針となった。

[ 2018年3月20日 16:50 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:10月22日08時〜09時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム