栗山監督 清宮復帰は体調最優先 開幕に「合わせることはしない」

[ 2018年3月20日 05:30 ]

日本ハムの清宮
Photo By スポニチ

 腹膜炎で療養している日本ハムドラフト1位・清宮(早実)について、20日までに今後の復帰方針を決めることになった。

 球団関係者によると、栗山監督らが19日夜と20日午前の2度、話し合いの場を持ち、復帰までの計画を議論するという。数日間食事を取れず、点滴治療を続けてきたため、当面は鎌ケ谷の2軍施設などでリハビリメニューを行う見込み。栗山監督も「(無理に開幕に)合わせることはしない」と話しており、本人の体調回復を最優先させる考えだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年3月20日のニュース