清宮 紅白戦に一塁手として先発出場 守備で1383人の観客沸いた!

[ 2018年2月17日 18:37 ]

<日ハム・紅白戦>試合前のシートノックをこなす清宮
Photo By スポニチ

 日本ハムのドラフト1位・清宮幸太郎内野手(18=早実)が17日、沖縄・国頭で行われた紅白戦に一塁手として先発出場した。

 右手親指の打撲のため、打席には立たずに守備のみ。打球を処理する機会はなかったが、4回には遊撃・平沼からの低投を大開脚して捕球すると、1383人の観客から大きな声援が送られた。6回の守備から退いた清宮は「これだけたくさんの方に来ていただいて、たくさん声援もいただいてうれしかった」と国内初実戦に詰めかけた観客に感謝していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年2月17日のニュース