中日・松坂 春季キャンプ初!連日ブルペン 打撃投手登板も示唆

[ 2018年2月17日 05:30 ]

杉下茂氏(後方)が見守る中、ブルペンで投球を行う松坂
Photo By スポニチ

 中日・松坂が今春キャンプ6度目の投球練習で60球を投げた。前日も捕手を立たせた状態で30球を投げていて2日連続のブルペン入りは初めて。

 「体がよく動いているし、腕も触れている。もう少し上(半身)と下(半身)のタイミングが合ってくるとよりいい球が出てくるかな」と好感触をつかみ、「狙うための的が欲しい。打者に投げてもいいのかな」と20日からの第4クールで打撃投手を務める計画を明かした。

 前夜は年下の投手陣を誘って「松坂会」を開催。焼き肉を食べながら、「まんべんなく皆と話せた。予想以上に盛り上がった」と親睦を深めた。今キャンプ中の実戦登板の可能性は低くても、心も体も着実に順調に仕上がってきた。(徳原 麗奈)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年2月17日のニュース