中崎 伝説の守護神・江夏豊氏から激励「だいぶ迫力がありました」

[ 2018年2月17日 18:49 ]

<広島キャンプ>松田オーナー(左)とブルペンを視察する江夏豊氏
Photo By スポニチ

 伝説の守護神が現守護神を激励した。OBで野球評論家の江夏豊氏が広島の2次キャンプ地・コザしんきんスタジアムを訪問し、中崎の投球練習に熱視線を送った。

 投球後、会話を交わし「ケガをせんように頑張りなさいと言ったよ。不可抗力のケガは仕方がない。ただ止められるところは止める。それがプロとしての最低限だから」と激励。直立不動で江夏氏の言葉に聞き入った中崎は「あまりいい球ではなかったけど、投げているところも見て下さったのは嬉しかった。だいぶ迫力がありました」と伝説のOBの存在感を再確認した様子だった。

 江夏氏はチームが3連覇を狙う上でのキーマンには新井を指名。「背中を見て育ってきた選手がたくさんいる。1年でも長く、グラウンドに立っていてもらいたい。あの子のことだから打てなくなったら、自分で答えを出すタイプ。ケガなく、悔いのないシーズンを送ってもらいたい」と熱いエールを送った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2018年2月17日のニュース