西武・秋山 紅白戦でチーム1号 侍での試合に備え右翼も守る

[ 2018年2月17日 18:35 ]

5回2死二塁、右中間スタンドに飛び込む2点本塁打を放ち、チームメートに祝福される秋山
Photo By スポニチ

 西武・秋山翔吾外野手(29)が17日、宮崎・南郷キャンプ初めての紅白戦でチーム1号を放った。

 紅組の3番・右翼で出場し、同点の5回2死二塁の場面で中塚の直球を右中間へ。「結果が出るに越したことはない」としながらも「あんまりホームラン、ホームランって言われると自分にはいいものにならない。自分としてはそう思ってやらないといけないと思っている」と気持ちを引き締めた。

 また、本来は中堅手だがこの日は右翼の守りに入り、2度の守備機会をこなした。フル代表の招集となる3月の侍ジャパンに選出濃厚で、ソフトバンク・柳田が中堅となる場合は秋山が右翼に回る可能性もあるが「いろいろな配慮があったのかなと。(西武でも)何かあったときにはそれもあると思う」と話すにとどめた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年2月17日のニュース