大学日本代表に亜大・生田監督「最強チームつくりたい」

[ 2018年1月17日 05:30 ]

大学日本代表の(左から)生田監督と谷口ヘッドコーチ
Photo By スポニチ

 全日本大学野球連盟の監督会が16日、横浜市内で行われ、大学日本代表監督に亜大の生田勉監督(51)が選ばれた。任期は2年間で、今年7月には日米大学選手権(米国)、ハーレム国際大会(オランダ)を控える。14、15年に日本代表コーチ経験もある生田監督は「20年に(東京)五輪があるので貴重な2年間。五輪に向けて勢いをつけたい。最強チームをつくりたい」と抱負を述べた。

 ヘッドコーチには上武大の谷口英規監督(48)が就任。残り2人のコーチは後日決定する。また、申告敬遠、2段モーションなどの規則改正点が周知された。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年1月17日のニュース