ライアン、キャッチボール再開「楽しい」2月上旬ブルペン目指す

[ 2018年1月17日 05:30 ]

埼玉・戸田でキャッチボールを再開したヤクルトの小川
Photo By スポニチ

 昨年10月に右肘疲労骨折の手術を受けたヤクルト・小川が、埼玉・戸田の2軍施設でキャッチボールを再開した。

 約20メートルの距離で15分間。10日にネットスローを始めたばかりだったが「意外と投げられました。(相手がいるので)投げていて楽しい」と明るい表情。2月上旬のブルペン入りを目指し、徐々に距離を延ばしていく。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年1月17日のニュース