大谷、エ軍では背番「17」 雄星も背負った花巻東の“出世番号”

[ 2018年1月17日 05:33 ]

昨年12月に行われたエンゼルス入団会見でポーズをとる大谷
Photo By スポニチ

 日本ハムが大リーグのエンゼルスに移籍した大谷翔平投手(23)がつけていた背番号「11」を、当面は「欠番扱い」とすることが16日、分かった。

 大谷はエンゼルスでは背番号「17」を背負う。花巻東時代の1年夏につけ、先輩の菊池(西武)も同じ1年夏につけた「出世番号」で「新たな気持ちでここで頑張っていくことを決めた時に17にしようかと思った」と話した。

 背番号「17」をつけたエ軍のユニホーム姿は、昨年12月25日に札幌ドームで行った惜別会見でファンに披露した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年1月17日のニュース