楽天・茂木、順調回復 術後初スイング「思ったよりも振れた」

[ 2018年1月17日 05:30 ]

楽天の茂木
Photo By スポニチ

 昨年11月に右肘を手術した楽天・茂木が、術後初めてバットを振った。宮城県仙台市内の2軍施設でリハビリを行い、50%程度の力で約50スイング。「思ったよりも振れた。順調ですがペースを上げすぎて、また痛めないようにしたい」と話した。前日には、ネットスローでスローイングも再開していた。

 「競技復帰まで4カ月」の診断。長引けば、3月30日のロッテとの開幕戦(ZOZOマリン)の出場に影響が出る恐れもあったが、順調な回復ぶりだ。「肘の状態次第ですが」と前置きしながらも「開幕には間に合ったらいいなと思う。(オープン戦が行われている)3月中旬ぐらいには(実戦に)戻りたい」と笑顔で見通しを語った。 (黒野 有仁)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年1月17日のニュース