清宮 キャンプ1軍帯同に「相応の結果を残さないと駄目」

[ 2018年1月17日 15:50 ]

フリー打撃を行う清宮
Photo By スポニチ

 日本ハムが17日、2月1日から米アリゾナ州スコッツデールと沖縄県名護市で行われる春季キャンプの参加メンバーを発表。ドラフト1位ルーキーの清宮幸太郎内野手が1軍に帯同することが分かった。

 1軍キャンプメンバー入りが決まった清宮は「うれしい。より身が引き締まる思い。それ相応の結果を残さないと駄目。期待に応えられるようにやりたい」と話した。キャンプ地のアリゾナについては「暖かそう。スポーツ施設とかいろいろありそうで楽しみ」とし、ダイヤモンドバックスの施設でのキャンプには「メジャーの施設を借りてできるのは凄く刺激になるはず。体で感じるものも多いと思う。自分のバッティングとかの向上が目的ですけど、雰囲気とかを感じ取ってこれれば」と語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年1月17日のニュース