侍・京田に荒木が金言 不慣れな二塁手「体の本能のままに」

[ 2017年10月22日 05:30 ]

 「アジアプロ野球チャンピオンシップ」で侍ジャパンに選出されている中日・京田に、ベテラン荒木が金言を授けた。

 二塁を任される可能性が高い新人遊撃手に「難しく考えず、体の本能のままにやれば大丈夫。僕も外野を守ったことが走塁に生きた。良い勉強になる」と助言。20日から二塁の守備練習を始めた京田は「やったことのないポジションなので、基礎からやっている。荒木さんに聞きたい」と弟子入りを志願した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年10月22日のニュース