ヤンキース ワールドシリーズ進出ならず 貧打に泣き敵地で計3得点

[ 2017年10月22日 14:59 ]

ア・リーグ優勝決定シリーズ第7戦   アストロズ4―0ヤンキース ( 2017年10月21日    ヒューストン )

4回、アストロズ・ギャティス(左端)に本塁打を浴びたヤンキース・サバシア(中央)(AP)
Photo By AP

 ヤンキースはアストロズとのア・リーグ優勝決定シリーズ第7戦に敗れ、ワールドシリーズ進出が夢と消えた。

 地元ニューヨークでの3連勝でシリーズに王手を懸けたが、敵地ヒューストンに戻った第6戦から2連敗。ロードゲーム4試合をすべて落とし、対戦成績3勝4敗でアストロズに屈した。

 敗れた4試合では計3得点と打線が沈黙。ロードゲームでの貧打に泣いたシリーズとなったが、ジラルディ監督は「そういう話が出るのは分かっている。でも、ロードゲームで勝てないチームは他にある訳だし、たまたま強いチームと対戦したから、そういう結果になっただけ」とコメントを残した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年10月22日のニュース