ソフト中村晃が100%V弾! ポストシーズン2戦連続殊勲弾

[ 2017年10月22日 05:30 ]

パ・リーグCSファイナルステージ第4戦   ソフトバンク4―3楽天 ( 2017年10月21日    ヤフオクドーム )

6回無死、勝ち越しソロ本塁打を放つ中村晃
Photo By スポニチ

 興奮冷めやらぬスタンドに、ソフトバンク中村晃がさらなる熱狂を運んできた。6回、内川の同点アーチの直後。間髪入れずに初球を叩いた。147キロ直球を強振すると、打球は右翼席最前列へ。わずか2球で試合をひっくり返した。

 「内川さんがいい流れをつくってくれて、うまく乗れた」。前夜は8回に決勝2ラン。ポストシーズンでの2試合連続決勝弾は、85年の日本シリーズでの阪神・バース以来32年ぶり4人目で、CSでは初の快挙だ。過去3度は全て日本一。まさに吉兆といっていい。

 もう、迷いは吹っ切れた。3番で出場した19日の第2戦では、同点の6回無死二塁で送りバントを失敗。敗戦の責任を背負い込んだ。前日は7番に「降格」。決勝弾を放ったもののベンチでも表情はこわばり、守備に就く際には観客からの歓声に思わず涙ぐんだ。

 「何とかしないと、と追い込まれていた。本当は泣きたくないけど、いろいろ重なって…」。この日は5番に再昇格。2回無死一塁では確実に犠打を決め、先制点をアシストした。「緊張したけど、ミスしていたバントを最初に決められて気持ちが落ち着いた」。そして連日のお立ち台。「本当にうれしかった」と、今度こそ心の底からの笑顔を見せた。

 「気は抜けない。みんなで力を合わせて一体となって勝利をつかみ取りたい」。日本シリーズへ王手。中村晃は14年の日本シリーズ第4戦で延長10回に阪神・呉昇桓(オスンファン)からサヨナラ3ランを放ち、日本一へと王手をかけたことがある。その際は翌日の第5戦に快勝。今度も、一気にこのまま決めてみせる。

 ≪史上4人目の快挙≫中村晃(ソ)が内川に続き本塁打。プレーオフ、CSでの2者連続本塁打は史上12度目(チーム5度目)の最多タイ記録。うち、同点→勝ち越しの連続弾は04年第2S第3戦の中島→野田(西)以来2度目になった。また、中村晃は第3戦に次ぐV弾。ポストシーズンの2試合連続決勝本塁打は、日本シリーズの58年中西太(西鉄)、68年柴田勲(巨)、85年バース(神)に次ぎ32年ぶり4人目。プレーオフ、CSでは初の快挙だ。

 ≪まさか?突破率0%データも…≫ソフトバンクが3勝2敗とし日本シリーズ進出に王手をかけた。過去プレーオフ、CSファイナルSでは先に王手をかけた31チーム中28チームが日本シリーズに進出しており突破率は90%。そのうち、2勝2敗からの王手は(☆はアドバンテージの1勝)

08年西☆○●●○→○

11年中☆○●●○→○

14年ソ☆○●●○→●○

17年ソ☆●●○○→?

と4度目で、過去3チーム全て勝ち抜けと突破率100%だ。もっとも、2ステージ制のプレーオフ、CSで今季のソフトバンクのように2勝2敗に追いついた過去6チームは全て敗退。初めて1勝2敗からの連勝で王手をかけたソフトバンクは、この突破率0%のデータも覆せるか。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年10月22日のニュース