バーランダー リーグ優勝決定シリーズMVP 登板2試合でヤンキースから白星

[ 2017年10月22日 13:21 ]

ア・リーグ優勝決定シリーズ第7戦   アストロズ4―0ヤンキース ( 2017年10月21日    ヒューストン )

笑顔でチームメートと抱き合うバーランダー (AP)
Photo By AP

 ア・リーグ優勝決定シリーズはアストロズが対戦成績4勝3敗でヤンキースを下し、12年ぶり2度目のワールドシリーズ進出を決めた。

 シリーズMVPには第2戦と第6戦で白星を挙げたジャスティン・バーランダー投手(34)が選ばれた。第2戦ではヤンキース打線から13三振を奪い、球数124球で9回を完投。王手を懸けられ、もう後がない第6戦でも7回5安打無失点の好投で、チームを窮地から救った。

 今季はタイガースで開幕を迎えたが、8月末にアストロズへと移籍。アストロズ加入後はまだ負けがなく、5連勝でシーズンを終えると、プレーオフでも救援登板を挟むものの、ここまで4連勝。好調を維持したまま、自身2度目となるワールドシリーズの舞台を踏む。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年10月22日のニュース