ソフトB柳田が1軍合流 フリー打席で4連発!32スイング中、柵越え10本

[ 2017年10月22日 10:42 ]

<パCSファイナル ソ・楽>工藤監督(右)の前で打撃練習する柳田
Photo By スポニチ

 右脇腹痛で調整していたソフトバンクの柳田悠岐外野手(29)が22日、1軍に合流した。楽天とのクライマックス・シリーズ(CS)ファイナルステージ第5戦が行われる前のヤフオクドームでフリー打撃を行い、32スイング中、4連発を含む10本の柵越えを放った。

 練習を見守った工藤監督は「100ではないけど、9割くらいで打っていた。本人に『大丈夫か』と聞いたら、『大丈夫』と。『どれくらい大丈夫か』と聞いたら、『8割くらい』と返ってきた」と話した。

 柳田は9月20日の日本ハム戦の打席で負傷。21日に札幌市内の病院で「右腹斜筋と肋間筋の損傷」で全治3週間と診断され、出場選手登録を外れていた。28日には福岡市内の病院での追加検査で「右第10肋軟骨損傷」と診断されたが、全治3週間は変わらなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年10月22日のニュース