“おかわり君”桐蔭横浜大1年渡部 先制打「とても楽しかった」

[ 2017年6月6日 05:30 ]

全日本大学野球選手権第1日・1回戦   桐蔭横浜大5―3帝京大 ( 2017年6月5日    東京ドーム )

<桐蔭横浜大・帝京大>初回2死三塁、桐蔭横浜大・渡部が中前に先制適時打を放つ
Photo By スポニチ

 桐蔭横浜大が13年以来の初戦突破を果たした。

 初回、1年生4番の渡部が中前へ先制適時打。1メートル75、105キロの「おかわり君」体形で、自身初の全国大会初戦で2安打。「緊張はなく、とても楽しかった。素直にバットを出すことを意識した」と振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年6月6日のニュース