ハム近藤 右太腿裏は軽症 6日出場は状態次第

[ 2017年6月6日 05:30 ]

日本生命セ・パ交流戦   日本ハム―広島 ( 2017年6月6日    札幌ドーム )

日本ハムの近藤
Photo By スポニチ

 右太腿裏を痛め、前日の阪神戦を欠場した日本ハム・近藤が札幌市内の病院で検査を受け、患部の出血や炎症などの異常はなかった。

 前日も西宮市内の病院で検査を受けたが異常なし。再検査でも軽症であることが確認されたため、6日は状態を確認しながら試合への準備を行う。現在パ・リーグトップの打率・409を誇る。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年6月6日のニュース