井納6回まで無安打無得点&先制打も!投打の活躍で快勝

[ 2017年5月26日 20:55 ]

セ・リーグ   DeNA5―2阪神 ( 2017年5月26日    甲子園 )

<神・D>6回表1死一、三塁、井納は先制となる右前適時打を放つ
Photo By スポニチ

 DeNAは先発の井納が7回1失点。打っては先制打も放つ投打の活躍で阪神に快勝した。

 井納は立ち上がりから打たせて取るピッチングがさえ、6回まで無安打無得点。7回の先頭打者・糸井に遊撃内野安打を許し1点を失ったものの、7回3安打1失点と好投した。

 打線は8連敗中と苦手にしている藤浪を打ちあぐねたものの、6回に爆発。嶺井、田中の連打で1死一、三塁とし、井納が右前に先制の適時打。続く倉本の右前適時打で2点目を挙げ、さらに2死満塁からロペスが放った左翼への飛球が風で流され走者一掃の二塁打となった。

 8回からは登板した砂田が2死から糸井に右翼線適時二塁打を浴びて1点失ったが、三上が上本を中飛に抑え最少失点でしのいだ。9回は山崎康が登板し、3点リードを守り切った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年5月26日のニュース