イチロー 2戦連続スタメンも3の0 打率.153まで低迷

[ 2017年5月26日 05:30 ]

インターリーグ   マーリンズ1―4アスレチックス ( 2017年5月24日    オークランド )

<アスレチックス・マーリンズ>3回、空振り三振に倒れるイチロー(AP)
Photo By AP

 マーリンズのイチローは「9番・右翼」で今季初めて2戦連続スタメン出場したが、3打数無安打に終わった。

 3回の第1打席でア軍の右腕グレイの前に空振りの3球三振に倒れるなど快音はなく、打率.153まで低迷。チームも4安打13三振の1得点で完敗し、ドン・マッティングリー監督は「何もできなかった」と話した。23日に腰を痛め途中交代した正中堅手イエリチは先発を外れたが、軽症のため故障者リスト(DL)に入らなかった。 (笹田幸嗣通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年5月26日のニュース