京都フローラ岩田 延長8回サヨナラ打「全力でバットを振った」

[ 2017年5月26日 05:30 ]

日本女子プロ野球・第9戦   京都フローラ1―0埼玉アストライア ( 2017年5月25日    わかさスタジアム京都 )

<京都フローラ・埼玉アストライア>延長8回、サヨナラ打を放った京都フローラ・岩田
Photo By スポニチ

 ヴィクトリアシリーズは、京都フローラが埼玉アストライアにサヨナラ勝利。両軍無得点で迎えた延長8回2死二塁から5番・岩田が左前へ殊勲打を放った。

 「打席に入る前に自分のスイングをしようと思い、全力でバットを振った」。先発した小西美は5安打に抑える105球の力投で完封。4勝目を挙げ、「泉(由)捕手がしっかりリードしてくれ、引っ張ってくれたおかげだと思う。女王奪還を目指して今後も活躍できるように練習していく」と力強かった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年5月26日のニュース