広島・安部が打率トップに登場“隠れ首位打者”が規定到達

[ 2017年5月26日 21:37 ]

セ・リーグ   広島7―2巨人 ( 2017年5月26日    東京D )

<巨・広>5回無死二、三塁 安部は中前適時打を放つ
Photo By スポニチ

 広島の安部が26日の巨人戦で5打席に立ち4打数2安打。今季147打席となって規定打席に到達し、打率ランキングトップに登場。「うれしくないわけがない」と語った。

 今季開幕から高打率をキープしてきたが、対戦相手の先発が左腕の時はスタメン落ちすることが多かった安部。規定打席に届かず“隠れ首位打者”状態が続いていた。だが、左腕の石川が先発した24日のヤクルト戦でも先発するなど徐々に首脳陣の信頼を勝ち取り、開幕47試合目で規定打席に到達した。

 この日の試合前の時点では巨人の坂本が打率・340でトップだったが、4打数1安打で・337に。4打数2安打で・351に上げた安部がトップに躍り出た。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年5月26日のニュース