広島、マイコKOで巨人に快勝!岡田好投5勝目 首位阪神とゲーム差なし

[ 2017年5月26日 20:21 ]

セ・リーグ   広島7―2巨人 ( 2017年5月26日    東京D )

広島先発の岡田
Photo By スポニチ

 広島は2年目右腕・岡田が7回1失点の好投。打線も巨人先発のマイコラスを攻略して快勝し、この日DeNAに敗れた首位・阪神とのゲーム差がなくなった。

 岡田は球威のある直球を主体に、序盤から危なげない投球。巨人打線を6回までわずか4安打に抑え、得点を許さなかった。

 打線は4回、菊池がマイコラスから先制の3号ソロ。6回には無死二、三塁の好機を作り、安部、松山の連続適時打でリードを広げた。

 7回には鈴木の犠飛で5点目を奪い、マイコラスをKO。8回にも菊池の適時内野安打などで2点を追加した。岡田は7回106球を投げて6安打1失点。プロ初完封は逃したものの今季5勝目を挙げた。

 巨人はマイコラスが今季ワーストタイの5失点。打線も岡田の前に凡打の山を重ね、7回と8回に1点ずつを返すのがやっとだった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年5月26日のニュース