井納 先制打の狙い説明し照れる「何言ってんだってなりますけど」

[ 2017年5月26日 21:17 ]

セ・リーグ   DeNA5―2阪神 ( 2017年5月26日    甲子園 )

<神・D>終了後、両手を挙げてファンの声援に応える井納
Photo By スポニチ

 7回1失点の好投で白星を挙げ、決勝打も放ったDeNAの井納は「しっかり先頭を抑えた結果だと思います」と胸を張った。

 6回まで無安打無得点に封じ、大記録達成も見え始めてきた7回にこの日初被安打。「普段こういうピッチングをするタイプではないので、正直投げづらい部分はありましたけど。先頭を抑えた結果6回まで打たれなかったということなので」と好投の要因は先頭を抑えたことだと強調した。

 6回1死一、三塁の場面では藤浪が投じた初球のスライダーを右前にはじき返す先制打。「(投手の自分が)何言ってんだってなりますけど、しっかりとそのボールだけ。(藤浪は)その前のイニングも荒れていた。スライダーでカウント取るというのは感じたので、それだけ打ち損じないようにできた」と照れながら振り返った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年5月26日のニュース