オリ 昨季3A23発外野手獲得へ 球団本部長「詰めの段階」

[ 2017年5月26日 05:30 ]

クリス・マレーロ外野手(AP)
Photo By AP

 オリックスが、ジャイアンツ傘下3Aサクラメントのクリス・マレーロ外野手(28)の獲得に動いていることが25日、分かった。

 長村裕之球団本部長は「最終の詰めの段階にきている。一日も早く手続きを終わらせたい」と語った。右投げ右打ちで一塁も守れ、昨季3Aで23本塁打をマーク。メジャーでは今季15試合に出場して打率・132、1本塁打、5打点で、通算成績は54試合で・290、1本塁打、16打点。オリックスは主軸のロメロと吉田正がケガで戦列を離れ、5月は得点力を欠いて失速している。映像で確認した福良監督は「パワーはありそう」と印象を語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年5月26日のニュース