大谷 マウンド使った投球練習再開「足は問題ない」

[ 2017年5月26日 05:30 ]

マウンドを使った投球練習を再開した大谷
Photo By スポニチ

 左太腿裏肉離れで2軍調整中の日本ハム・大谷が千葉・鎌ケ谷の室内練習場でマウンドを使った投球練習を再開した。

 ホームベースから約3メートル手前に置いたネットに向かって約30球。「(マウンドの)傾斜を使うのは初めてなのでいいとも悪いとも言えないが、足は問題ない」と明るい表情だった。マウンドを使った投球は故障した4月8日オリックス戦(京セラドーム)以来47日ぶり。26日には屋外でのフリー打撃も再開予定だ。復帰で優先するのは投手か打者かと聞かれると「決めるのは僕じゃない。(栗山)監督が状態を見て、どっちが必要なのか(決める)」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年5月26日のニュース