野茂と則本を知る楽天コーチ 則本の制球評価「野茂は守るのがしんどい」

[ 2017年5月26日 08:10 ]

パ・リーグ   楽天4―1オリックス ( 2017年5月25日    ほっと神戸 )

<オ・楽>8回10奪三振で野茂に並ぶ6試合連続2桁奪三振を記録した則本
Photo By スポニチ

 楽天の古久保バッテリーコーチと真喜志内野守備走塁コーチは、則本と野茂が達成した6試合連続2桁奪三振のプロ野球記録の目撃者となった。

 両コーチは近鉄での現役時代に野茂とチームメート。捕手だった古久保コーチは、光山(現DeNAバッテリーコーチ)が野茂と組んでいたため「ほとんど受けたことがなかった」と振り返った上で「野茂は3人四球出しても3人三振を取る感じだった。四球が多いから守っている方からしたらしんどかった」と当時を語る。

 球種は直球とフォーク。カーブはほとんど投げなかった。直球は2人とも150キロを超え「スピードは変わらない」と評しつつ「則本は球種が多いし、球種にこだわらず、コントロールもいい」と優れている点を口にした。真喜志コーチも「野茂はコントロールがな…。則本の方が球種あるし、コントロールもある」と古久保コーチと同意見だった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年5月26日のニュース