フィリーズ球団史上初 3番打者が1試合5三振 本人はポジティブ

[ 2017年5月26日 11:21 ]

ナ・リーグ   フィリーズ2―1ロッキーズ ( 2017年5月25日    フィラデルフィア )

ロッキーズ戦に先発出場したフィリーズのヘレーラ (AP)
Photo By AP

 フィリーズのオデュベル・ヘレーラ外野手(25)は25日(日本時間26日)のロッキーズ戦で5打数無安打5三振。「3番・中堅」で先発出場したヘレーラはこの試合の打席ですべて空振り三振と精彩を欠いた。

 フィリーズ選手の1試合5三振は1913年以来ではヘレーラが9人目。スポーツ専門局ESPNによると、3番打者が1試合で5つの三振を喫するのは同球団史上、これが初めてのことだったという。不名誉な記録を作ってしまったが、本人はいたってポジティブ。「いい感じでスイングができている。バットにボールが当たらなかっただけだよ」と試合後にコメントを残した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年5月26日のニュース